自費出版は京都、大阪のライティング株式会社へ
ご自身の本を出版するという大きな夢は、京都本社の自費出版社、ライティングにお任せください。原稿執筆から、印刷、流通までワンストップサービス。京都、大阪、そして全国のお客様のサポートをいたします。無料の自動お見積もりフォームも搭載しています。
皆様の出版される書籍が、世に広まり、読者にも喜んでもらえるようお手伝いいたします。
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
ぜひお問合わせください

ご挨拶

ライティング株式会社の高木伸浩と申します。

当社の最大の特長は、お客様に取材をさせていただき、文章を執筆していくことです。取材は最低1回、多いときは6回行うこともあります。

1回あたりの時間は2〜6時間でしょうか。取材を通してこれほどの時間、お客様と綿密な時間を共有していると、とても他人とは思えなくなります。ときには冒険譚に心を弾ませ、ときにはお客様が理不尽な目にあわれたことに同情したり憤慨したりします。こういっては何ですが、取材後は親子または親友になったような気分になり、毎回、離れ難い気持ちでお別れをしています。

私は、フリーの編集者&プロデューサーとして出版界にデビューしました。目標は100万部のベストセラーを連発することでしたが、数年たっても届かず、「自分は編集者としてダメかもしれない」と、出版業を辞めることさえ考えました。そのとき、自費出版のお客様を思い出しました。

幼いときにお父様と生き別れてしまった高齢の女性のお客様は、年齢的にはもう亡くなっているかもしれないお父様のために、自分の一生を振り返った自伝を自費出版されました。万に一つでも、父が私の本を手に取ってくれるかもしれない──そんな切なる願いが、その本には込められていました。

自費出版を決意されたお客様の本には、一冊一冊にドラマがあり、感動がありました。

取材を通して、自分一人では気づけなかった世界の豊かさを知ったこと、自費出版のお手伝いをさせていただくことの素晴らしさを再確認し、ライティングを立ち上げました。

自費出版をしようとお考えの方、ぜひ、私達にご一報ください。

みなさまと一緒に悩み、喜び、二人三脚で、本づくりを進めていきたいと願っています。

高木伸浩(たかぎ・のぶひろ)

書籍のライター、編集者、プロデューサーとして17 年間の経験と実績をもとに「個人・法人を問わず出版を希望されるお客様の夢の実現をサポートしたい」との想いから、2007年にライティング株式会社を設立。
数々の自費出版プロデュースに携わり、大阪、東京、そして地元の京都をはじめ、全国各地のお客様へのサポートを自分の使命と認識し、心から楽しんで仕事に取り組んでいる。

今日の一言

2021/06/22今日の一言 三重県津市自費出版のお客様訪問

三重県の県庁所在地、津市のお客様から、問い合わせをいただきお邪魔して参りました。

取材、執筆、編集、書店流通まですべて任せていただけるとのこと。

当社の方針にもご納得いただき、ご契約いただけました。

ありがとうございました。

 

ところで。

 

津市は、ヨットの町。

りっぱなヨットハーバーがあって、随時ヨット教室や、レースが行われています。

もちろん、東京オリンピックの会場は、江ノ島ヨットハーバーなのですが、

津ヨットハーバーも、過去には国際大会も開かれており、

それに負けないぐらい良いところ、なのです。

今回は、ヨットハーバーまでお邪魔する時間はなかったのですが、次回はぜひにと思っています。

 

また、地方のお客様をお訪ねするときに、楽しみなのは、食事です。

せっかくなので、なるべくチェーン店には、寄りたくありません。

料亭とか、そういう贅沢をするつもりも、ありません。

1000円札一枚で済むランチなどで(笑)

地元でおいしいところを、みつけて、さっと寄って帰る。

そういう小さな、楽しみです。

 

IMG_3672.JPG

今回ランチで訪問したのは、三重大学医学部のすぐ隣に位置する

ターブル・ヒロヤさんです。

むかしながらのグリル、といった感じの温かみのある、店でした。

タベログでは3.3。いいほうではないでしょうか。

 

※個人的には、タベログ評価は無視。

  グーグルマップの評価で選びます。

 

IMG_3671.JPG

迷うことなくオムライスを注文。

うーん。うまかった!!

 

量は中年男性にしては、すこし足りない程度ですから、

女性にはちょうどよいのではないでしょうか。

それに、ランチ後、取材がはじまるので、満腹でゲップという

悲惨な姿だけはさらしたくありません。

 

取材も無事終わり。帰社。

津は、京都からものすごく近かった。

2時間かからず、本社に戻れました。

 

当社からなら、南大阪よりも、近い感じがします。

渋滞もないし。

 

なので、名古屋をはじめ愛知県、三重県といった中京圏のお客様、

アクセスはひじょうにいいので、いつでも自費出版のご相談に伺う事は可能です。

お気軽にお声かけくださいませ。

続きを読む

  • ライティング
  • ライティングブック
  • 鉄の掟
  • スタッフ日記
  • SNS
  • インスタグラム
  • 今日の一言

075-467-8500お問合わせ資料請求自費出版
キャッシュバックキャンペーン