自費出版は京都、大阪のライティング株式会社へ
ご自身の本を出版するという大きな夢は、京都本社の自費出版社、ライティングにお任せください。原稿執筆から、印刷、流通までワンストップサービス。京都、大阪、そして全国のお客様のサポートをいたします。無料の自動お見積もりフォームも搭載しています。
皆様の出版される書籍が、世に広まり、読者にも喜んでもらえるようお手伝いいたします。
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
ぜひお問合わせください

ご挨拶

ライティング株式会社の高木伸浩と申します。

当社の最大の特長は、お客様に取材をさせていただき、文章を執筆していくことです。取材は最低1回、多いときは6回行うこともあります。

1回あたりの時間は2〜6時間でしょうか。取材を通してこれほどの時間、お客様と綿密な時間を共有していると、とても他人とは思えなくなります。ときには冒険譚に心を弾ませ、ときにはお客様が理不尽な目にあわれたことに同情したり憤慨したりします。こういっては何ですが、取材後は親子または親友になったような気分になり、毎回、離れ難い気持ちでお別れをしています。

私は、フリーの編集者&プロデューサーとして出版界にデビューしました。目標は100万部のベストセラーを連発することでしたが、数年たっても届かず、「自分は編集者としてダメかもしれない」と、出版業を辞めることさえ考えました。そのとき、自費出版のお客様を思い出しました。

幼いときにお父様と生き別れてしまった高齢の女性のお客様は、年齢的にはもう亡くなっているかもしれないお父様のために、自分の一生を振り返った自伝を自費出版されました。万に一つでも、父が私の本を手に取ってくれるかもしれない──そんな切なる願いが、その本には込められていました。

自費出版を決意されたお客様の本には、一冊一冊にドラマがあり、感動がありました。

取材を通して、自分一人では気づけなかった世界の豊かさを知ったこと、自費出版のお手伝いをさせていただくことの素晴らしさを再確認し、ライティングを立ち上げました。

自費出版をしようとお考えの方、ぜひ、私達にご一報ください。

みなさまと一緒に悩み、喜び、二人三脚で、本づくりを進めていきたいと願っています。

高木伸浩(たかぎ・のぶひろ)

書籍のライター、編集者、プロデューサーとして17 年間の経験と実績をもとに「個人・法人を問わず出版を希望されるお客様の夢の実現をサポートしたい」との想いから、2007年にライティング株式会社を設立。
数々の自費出版プロデュースに携わり、大阪、東京、そして地元の京都をはじめ、全国各地のお客様へのサポートを自分の使命と認識し、心から楽しんで仕事に取り組んでいる。

今日の一言

2020/12/01今日の一言 ずっと行きたかった奈良県南部方面にて

JRか何かの広告でしょうか。三輪神社のおおきなしめ縄をみて、素敵な神社だな、いつか行ってみたいなと思っておりました。日曜の朝、犬の散歩から帰ってきて、ふと時間ができました。夕方の犬の散歩は4時。

いまなら間に合う!

と出かけたのが通称・三輪明神、大神神社です。

IMG_3499.JPG
みなさん、ご存じかもしれません。
ご神体は神社の背後にひかえる三輪山、そのもの。
なので、拝殿にはなにもなくて、そのまま三輪山にむかってお祈りする形になります。

多くの参拝者がそうであるように、
拝殿でおがむだけでなくて、実際にお山に登ってみたいと思うものです。
私も、です!

ただ、頂上への往復は、2〜3時間はかかるとのこと。
登山口は15時には閉まるので、出発は12時ちょうどまでという門限があります。

バイクを高速ですっ飛ばして(笑)
登山口の狭井神社に到着したのは、11時55分。

入山料300円をお納めして、電話番号などを書き込む手続きをして、
12時ちょうどに出発。
出発するとき神主さんから「受付締め切りました!」のお声がかかりました。
ギリギリセーフ。

登山口からの、標高差は387mとのこと。
ふだんから山登りをしているひとには、少々物足りないかもしれません。
ただ、私の場合、この1ヶ月ほど、山行から遠ざかっていたので、リハビリにはちょうどよい高さでありました。

上りを歩いていると、スピードがぐんぐん上がっていきます。
神様へのお詣りだからでしょうか。なんだかパワーをいただいている気がします。
まったく、疲れてなくて、頂上に到着しました。
不思議なことも、あるものです。

山中のようすは、皆様にご紹介したいのですが、写真撮影禁止です。
山、自体がご神体なのですから、仕方ないですね。
神様を写真にとるわけにはまいりません。

下りはさらりスピードアップしました。
とくに急いだつもりは、ないのですが。。
なので、往復にかかった時間は実質90分をきる、ぐらいでしょうか。
神主さんがおっしゃっていたように、二時間はかかりませんでした。

IMG_3500.JPG
山を上り下りすると、やはりお腹はすいてしまいます。
ここはやはり、三輪の名物といきましょう。
そうです。全国的に有名な、三輪素麺ですね。

ただ、いまは冬なのでにゅうめんにしました。
店はくさるほど、立ち並んでおりましたが、
選ぶのが面倒なので、門前すぐ脇の店へ。
ゆずの香りがほんのりただよう、にゅうめんをいただきました。
登拝ですこし汗ばみ、汗冷えしていた身体が、暖かさで蘇りました!

お腹がいっぱいになったところで。。
いま現在の時刻は、14時まわったところ。

そろそろ犬の散歩のことが気になり始め、帰途につきました。。。。







続きを読む

  • ライティング
  • ライティングブック
  • 鉄の掟
  • スタッフ日記
  • SNS
  • インスタグラム
  • 今日の一言

075-467-8500お問合わせ資料請求自費出版
キャッシュバックキャンペーン