自費出版は京都、大阪のライティング株式会社へ
ご自身の本を出版するという大きな夢は、京都本社の自費出版社、ライティングにお任せください。原稿執筆から、印刷、流通までワンストップサービス。京都、大阪、そして全国のお客様のサポートをいたします。無料の自動お見積もりフォームも搭載しています。
皆様の出版される書籍が、世に広まり、読者にも喜んでもらえるようお手伝いいたします。
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
ぜひお問合わせください

ご挨拶

ライティング株式会社の高木伸浩と申します。

当社の最大の特長は、お客様に取材をさせていただき、文章を執筆していくことです。取材は最低1回、多いときは6回行うこともあります。

1回あたりの時間は2〜6時間でしょうか。取材を通してこれほどの時間、お客様と綿密な時間を共有していると、とても他人とは思えなくなります。ときには冒険譚に心を弾ませ、ときにはお客様が理不尽な目にあわれたことに同情したり憤慨したりします。こういっては何ですが、取材後は親子または親友になったような気分になり、毎回、離れ難い気持ちでお別れをしています。

私は、フリーの編集者&プロデューサーとして出版界にデビューしました。目標は100万部のベストセラーを連発することでしたが、数年たっても届かず、「自分は編集者としてダメかもしれない」と、出版業を辞めることさえ考えました。そのとき、自費出版のお客様を思い出しました。

幼いときにお父様と生き別れてしまった高齢の女性のお客様は、年齢的にはもう亡くなっているかもしれないお父様のために、自分の一生を振り返った自伝を自費出版されました。万に一つでも、父が私の本を手に取ってくれるかもしれない──そんな切なる願いが、その本には込められていました。

自費出版を決意されたお客様の本には、一冊一冊にドラマがあり、感動がありました。

取材を通して、自分一人では気づけなかった世界の豊かさを知ったこと、自費出版のお手伝いをさせていただくことの素晴らしさを再確認し、ライティングを立ち上げました。

自費出版をしようとお考えの方、ぜひ、私達にご一報ください。

みなさまと一緒に悩み、喜び、二人三脚で、本づくりを進めていきたいと願っています。

高木伸浩(たかぎ・のぶひろ)

書籍のライター、編集者、プロデューサーとして17 年間の経験と実績をもとに「個人・法人を問わず出版を希望されるお客様の夢の実現をサポートしたい」との想いから、2007年にライティング株式会社を設立。
数々の自費出版プロデュースに携わり、大阪、東京、そして地元の京都をはじめ、全国各地のお客様へのサポートを自分の使命と認識し、心から楽しんで仕事に取り組んでいる。

今日の一言

2020/11/24今日の一言 名古屋にて深秋を堪能

翌日から連休をひかえた、秋まっさかりの11月20日金曜日。
取材で名古屋大学環境医学研究所を訪れました。

名古屋での取材終了後は、京都まで新幹線で帰れば、35分ほどです。なので、ふつうはトンボ返りするのですが「仕事には運をつけることが一番重要」というのが信条の私は、熱田神宮へお詣りすることに。

鳥居をくぐった瞬間から、聖域に入った気がしました。なんだが背筋も、リンとします。その静謐な気持ちよさを感じながら、本殿を参拝、御利益をたくさんいただきたいので、お守りをどっさり、買いました。(笑)半分は土産用ですけど。

IMG_3490.JPG
お詣りが終わって、鳥居脇の、あつた蓬来軒に立ち寄りました。なんでも、ひつまぶし、発祥のおみせ、だそうです。お櫃でだしていただいて、4杯分があって、その四杯分それぞれ、違った食べ方ができる、というやつですね。お腹もいっぱいになり、大満足でした。

さて、お腹がいっぱいになったところでつぎは、庭園鑑賞としゃれこみました。
事前に地図検索をすると、なんだか、広い公園があるじゃないですか。
白鳥庭園といって、名古屋のなかでは一、二をあらそう、日本庭園だそうです。

各地の日本庭園巡りを趣味にしているわたしにとっては
「行くしかない!」
という場所なのです。

白鳥庭園は、面積こそ、小さかったのですが、ちょうど生け花展をやっていて、いくつかの大きな作品をみることができました。また、水面に、花を浮かべる作品もあり、それがちょうど
「Vの字」になるよう撮った写真が以下のものです。
PB203015.JPG
池、水を存分に活かした庭園設計を堪能できました。

ですので、この日の行程は、、、
名古屋大学→熱田神宮→あつた蓬来軒→白鳥庭園となりました。

名古屋大学以外は、仕事先ではありませんが、人生仕事一色、という価値観もいかがかと思います。楽しめた時間が、みなさまとの取材、執筆にきっと豊かな経験となっていかせるのでは、と思っています。

続きを読む

  • ライティング
  • ライティングブック
  • 鉄の掟
  • スタッフ日記
  • SNS
  • インスタグラム
  • 今日の一言

075-467-8500お問合わせ資料請求自費出版
キャッシュバックキャンペーン